クライアント様の声。お客様の喜びを実現するのが我々の最大の喜びです

株式会社ユナイテッドアローズ様

「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」(GLR)は、「Be Happy〜ココロにいい、オシャレな毎日」をコンセプトに、日常生活を自分らしくHappyに過ごすことで心豊かでありたいと願う 男女に向け、メンズ・ウィメンズのビジネスウェア、カジュアルウェア、キッズウェア、生活雑貨を展開しています。 GLRは「ユナイテッドアローズ」(UA)のトラッドマインドをベースとした商品をUAよりもお求めやすい価格帯で展開し、便利な出店立地、居心地の良い店舗空間、親しみやすい接客サービスを 通して、お客様のライフスタイルに溶け込み、自分らしく心地良い毎日を送るお手伝いができるようなスタイルを提案しています。

ご担当者様インタビュー

目に見えて売上アップ

Q:弊社の現場指導を導入したきっかけと、これまでの経緯を教えてください。

 1998年、ユナイテッドアローズグループの中で実験的な「ラボ」として生まれたグリーンレーベルリラクシング(以下GLR)が、99年に業態拡大をする際、未経験のアルバイトスタッフによる運営をスムーズに行えるようサポートを依頼したのが始まりです。
 外部の先生も交えた新店研修のチームビルディング・プログラムの内容が非常に良く、店舗ごとのチーム力が高まったことで店舗展開が増える中でも、原動力になりました。以来、様々な形態で教育に携わっていただき、2006年の業態内新ブランド立ち上げの際に、インストラクターが店舗に立って指導に入っていただく現場密着型OJT指導を導入しました。

Q:御社のニーズに対応した取り組みになっていましたでしょうか?

 Win∞Winさんの特徴として、クライアントニーズだけでなく、理念や文化・風土まで理解してそれに合わせてくれるというところが、挙げられます。どっぷり入ってくれると言いますか…。相手の懐に入り込む、というのは大変なことだと思うのですが、現場にしっかり立って等身大・同じ目線で関わって下さることで、現場のスタッフの考え方から実際の行動の手本ともなって頂け、人材育成もして頂けました。

Q:導入したことによる成果はどのようなことでしょうか?

 まず、店舗に入って下さることにより、目に見えて売上アップという結果に結び付けられることが挙げられます。また現場で弊社スタッフと一緒に働いて下さることで、実際に動いて見せて手本となって下さるので、行動レベルで吸収できる人材が増えることも成果と感じています。現場にいながらも客観的に課題を捉えて下さるので、自社だけでは気づかないところも気づかせていただき、改善につなげて下さっています。

Q:藤澤さんから見た、弊社の魅力とは何でしょうか?

 店舗に入って一緒に動いて見せて下さるという、「インストラクター」の存在自体がまれなのではないかと思います。
 数回の関わりだけでは、どうしても現場のスタッフも等身大には感じられないところがあると思いますが、一緒にやるというスタンスで販売現場に入って同じ目線で関わって下さることにより、机上の空論ではないということから、吸収しようとしていくのではないかと感じます。現場に入ることで全メンバーと関わっていただくので、スタッフだけでなく店長にとっても頼りになる存在です。

Q:今後、弊社に求めることとは何ですか?

 お店の接客自体は大きく変わっていないですが、お客様の情報収集の仕方、スタッフ間・店舗間・本部との情報共有・連携の仕方などは時代の変化に合わせて大きく変わりつつあります。今後、そういった時代の変化に対応できる新たな切り口での指導を期待しております。特にWin∞Winさんの場合は、グループ会社にIT関連の会社がおありなので、販売現場×デジタルという取り組みにも力を入れられそうです。
 最近の新人スタッフの傾向として、夢を抱いて未来に向けた向上心を持って仕事に取り組むと言う姿勢が薄れつつあるのが課題と認識しておりますので、そういった時代的な課題に対してもWin∞Winさんが新たな教育を取り入れてくださることを期待しています。

情熱あふれる講師陣が何よりの魅力

Q:弊社の現場指導を導入したきっかけと、これまでの経緯を教えてください。

 グリーンレーベルリラクシングの導入期に新店研修などでお世話になり、当初より、販売員への想いと情熱溢れるWin∞Winさんの研修スタイルに感銘を受けておりました。自社の研修も、是非Win∞Winさんのようなスタイルで行って行きたいと感じたのがきかっけで、2009年より数回にわたりファシリテーター研修をお願いしております。

Q:弊社の研修導入にあたり、事前の打ち合わせや目的・意図のすり合わせは明確に行われておりましたか?

 Win∞Winさんは、他社のように時間内に決められたプログラムをこなすというスタンスではないため、事前のすり合わせの段階から、妥協なく色々と話を聞いて内容を考えてくださるので、ありがたいと感じております。
 そのため、目的・意図は十分にくんでいただいて、研修に臨むことができました。こちらの腹に落ちるまで伝わるように話してくださるというか、とにかくとことん向き合ってくださるので、進めやすいですね。

Q:研修の一番の成果とは何でしょうか?

 一番の成果は、受講者であるファシリテーターの意識と行動が別人のように変わったことです。
 受講前は、プログラムを開発すること・研修をすることが目的になり、テクニックに走ってしまう傾向にあったのですが、ファシリテーターという役割が明確になったことで、受講生・そしてその先のお客様のためになるプログラムに進化させるために、議論を重ねてチームで改善するようになりました。誰のための・何のための研修かというのがハッキリしたことで、変化が生まれているようなんですね。

Q:富島さんにとって、弊社の魅力とは何でしょうか?

 何よりも、情熱あふれる講師陣ではないでしょうか。相手の立場に立つ、という姿勢で指導をしていただけるところが魅力です。先ほども言いましたが、販売員に対する情熱・想いに共感して、ここまでお付き合いさせていただいているという点もあります。
 一般的には、研修といえば、受講生の行動変化は最終的にその人次第というスタンスのものも多いですが、Win∞Winさんは行動変化につながるまで、妥協なく付き合ってくださるので、非常にありがたいです。

Q:今後、弊社に求めることは何かありますでしょうか?
また、今後導入したい研修などはありますか?

 毎回、新しい切り口はご提供いただいているとは思うのですが、これからも休むことなく進化し続けていって欲しいなと思いますね。
 今後、会社として考えているのは、中堅社員の活性化です。店長の下の層ですね。現状の社内研修では、新入社員を一人前にする、というところまではサポートしているのですが、その後となるとなかなかフォローできていないのが現状です。Win∞Winさんが新しいプログラムを開発してくださったら、是非検討していただきたいですね。

株式会社ユナイテッドアローズへの店舗オープン研修
Q:研修スタート前に抱えていた店舗の課題は何ですか?

 既存メンバーのキャリア(経験店舗の特性)にも差があり、接客未経験の新人・他社経験のある新人と、とにかく全てにおいてバラバラな状態から、一つのチームになってやっていくことが難しいと感じていました。

Q:事前のすり合わせで、研修の目的や意図は、明確に共有できていましたか?

 導入前に関しては、ほぼ自分のイメージどおりに共有できていたと思います。それに直結した研修内容になっていました。今後起こってしまう状況変化に対しての修正をこまめにすり合わせていければ、さらにありがたいと思います。

Q:研修後の一番の成果とは何でしょうか?

 事前に根本的な事柄や考え方を学び、共通認識を持っていることで、店頭行動の振り返りと改善へとつなげやすくなりました。また、チームという視点では、1人1人の価値観がそれぞれバラバラだったのが、お互いの価値観を受け入れて行動しようという姿勢になっているのが、大きな成果と感じています。 他者を受け入れることで共有できることが増え、メンバーの行動のバリエーションも増えてきています。

Q:Win∞Winの魅力とは何でしょうか?

 とにかくいつも「お客様視点」を軸にして話していただけるので、つい販売員視点で物事を発想しがちなメンバーも、お客様にとってどうなのか?と発想を変えることができるようになってきました。  自分達都合になってしまっている時、必ず引き戻してくださるので、大切なことを見失わずに成長できると思います。

Q:今後にあたり、どのような研修があれば受けてみたいですか?

 今、現場では徐々に出来始めている段階なのですが、店頭状況に合わせて入りやすい・店内に滞留していただきやすい状況を自ら作り出す、というのが難しいと感じるので、そういった行動の幅を広げられるような研修があったら嬉しいです。
 他には、自分のなりたい姿・目標を具体化できないメンバーのサポートが、今一番気になります。特に新人メンバーに多くみられることなんですが、それを指導する私たち店長やリーダーも、まだまだ成長が必要と感じています。彼ら・彼女らに指導するだけでなく、逆に指導できるリーダー陣の育成も必要だと思います。